Britain as Workshop of The World

新技術

ジョージ*スティーブンソン、”ロケット”の発明者©

すでに16世紀には、より多くの土地のための農業の需要は、英国の枯渇した森林に圧力をかけていました。 産業用燃料としての木材の価格上昇は、英国が豊富に供給された石炭を作り、ますます魅力的な選択肢となった。

ロンドン市民は長い間、自宅で石炭を燃やしていた-大規模な沿岸艦隊がタインサイドの鉱山から石炭を出荷した。 しかし、その使用を産業に拡大するには、原材料を汚染する有害な煙霧の封じ込めが必要でした。

塩、砂糖、石鹸業界は技術的な解決策を迅速に見つけました。 17世紀になると、モルトスターや非鉄金属の精錬業者は石炭を燃やすために設備を改造したが、鉄の製造業者は失望を繰り返した。 1709年、コールブルックデールのエイブラハム・ダービーは、最初に石炭を脱炭してコークスを生産することによって、鋳造のための銑鉄の製錬に成功した。

‘蒸気機関の発明を促したのは、鉱業部門の拡大でもありました。..’

しかし、より大きな錬鉄産業のために鉄を生産するためにはさらなる加工が必要でした。 これは1750年以降、石炭の価格が木炭の価格に対して大幅に下落したため、最終的に経済的になった。 ヘンリー-コートのプドリング-アンド-ローリング-プロセス(1783年4月特許取得)は、炭の完全な交換と大規模な経済の両方を可能にした。

蒸気機関の発明と新しい輸送形態の開発を促したのは、鉱業部門の拡大でもありました。 コーンウォールの錫鉱夫とタインサイドの石炭鉱夫がより深く掘り起こしたとき、彼らが直面した最大の問題は洪水でした。 実験的な排水装置は、1690年代にThomas Saveryの蒸気動力の「miner’s friend」を含む増殖しました。

しかし、最も効果的に汲み上げたのは、デヴォンの鍛冶屋Thomas Newcomenによって1710年頃に発明された「大気機関」でした。 60年後、ジェームズ・ワットは独立したコンデンサーを追加することでニューコメンエンジンの燃費を大幅に改善し、繊維機械を駆動するために回転運動に適応させた。 石炭からの熱エネルギーは、馬、水、風力を補うための機械的エネルギーとして利用可能になっていた。

公開:2004-11-02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。