Article Tools

e13520

背景:血管腫(HPC)、または中枢神経系(CNS)の孤立性線維性腫瘍は、髄膜毛細血管の周囲細胞から生じるまれな間葉系腫瘍である。 これらの腫瘍は、すべてのCNS腫瘍の1%未満を占め、低悪性度(WHOグレードiおよびII)または高悪性度(WHOグレードIII、未分化)新生物に分類される。 グレードIII HPCの最適な治療法は不明です。 本研究の目的は、California Cancer Registry(CCR)を使用して、グレードIII HPCの治療パターンと生存率を評価することでした。 方法:治療および人口統計データは、1988年から2010年にかけて、CNSのグレードIII HPCを有する患者のCCRから抽出された。 全生存率(OS)は、処置(手術、放射線またはその両方)、ならびに切除の程度の関数として評価した。 Kaplanmeier生存解析をOSに対して行った。 二変量および多変量解析は、すべての人口統計学的および治療変数のcox比例ハザード回帰モデルを介して行われました。 結果: グレードIII HPCを持つ94人の患者の合計は、レジストリから同定されました。 最も多かった人口統計は、年齢>50歳(59%)、女性(61%)、非ヒスパニック系白人(60%)、既婚(54%)であった。 54%が放射線を受け、亜全切除(STR)(63%)が最も一般的な外科的転帰であった。 しかし、生存率は、放射線を伴う総総切除(GTR)を受けた患者で最も高かった(OSの中央値に達していない)。 GTR/放射線(OSの中央値に達していない)は、STR/放射線(osの中央値10.3年、HR=0.389、95%CI0.157-0.960)またはGTR単独(osの中央値6.6年)と比較してOSが改善されたことを示; HR=0.254、95%CI0.073-0.880)。 年齢<50(osの中央値15.7歳)、アジア/PI(osの中央値に達していない)、および結婚(osの中央値9.9歳)がOSの有意な予測因子であった。 多変量coxモデルでは、高齢者(HR=3.079、95%CI1.428-6.636)と離婚/死別/別居(HR=2.027、95%CI1.054-3.897)では、若年者および既婚者と比較して、全体的な生存率が悪化していた(HR=3.079、95%CI1.428-6.636)。 結論:GTRおよび放射線を受けた患者は、最良の長期予後を示した。 人口統計学的分析は、生存の追加の独立した予測因子を同定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。