非ヒスパニック系白人の間で離婚した者と結婚しなかった者の間での婚姻史ホモ・サピエンス

非ヒスパニック系白人の間で離婚した者と結婚しなかった者の間での婚姻史ホモ・サピエンス

婚姻歴に関する同性愛傾向は、結婚したことのない人と離婚した人との間のグループサイズの不均衡に加えて、年齢、社会経済的地位、および親子関係の 別の方法として、婚姻歴の同性婚は、離婚した人と以前の結婚との継続的な関係から生じる婚姻歴の類似性に対する配偶者の好みを反映するかもしれません。 これらの2つの視点によって暗示される仮説をテストするために、回帰モデルは、所得動態のパネル研究、1985-1997から未婚の非ヒスパニック系白人男性と女性に適用されます。 結果は、副産物の観点に基づく仮説に反しています。 具体的には、男性と女性の両方のサブサンプルでは、年齢、教育、および親子関係の状態に関する個人の配偶者の選択を制御することによって、婚姻歴の同族性への傾向は取り除かれません。 しかし、結果は夫婦関係の視点に基づく仮説と一致しています。 例えば、女性のサブサンプルでは、以前の結婚との関係の尺度は、結婚歴の同性愛への傾向の約4分の1を占めています。 結果は、アメリカの家族内および家族全体の資源配分に影響を与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。