米国の外交関係、1955-1957、アメリカ共和国:中南米、ボリュームVII-歴史家のオフィス

駐コロンビア大使(Cabot)から国家省への派遣1

No.38

ボゴタ、July9、1957。

政治的要約と評価

背景:ロハス政権とその崩壊

グスタボ-ロハス-ピニージャ中将は、13日の無血クーデターによってコロンビア大統領として権力を掌握し、1953年に右派の保守的な大統領ローレアノ-ゴメスを亡命させた。 彼の即位は、リベラルと保守の二つの歴史的政党の間の激しいパルチザンの争いから生じる市民暴力とゲリラ戦の五年間の期間に続き、リベラルなゲリラは保守政府軍にピットインし、政府はますます独裁的で高飛車になっていった。 おそらく100,000人がこの期間中に殺されていた。 (1)ゲリラのための恩赦と復興による平和と(2)憲法政府の回復を約束し、ロハスはコロンビアの救世主として真の人気の熱意を持って歓迎された。

彼は平和を回復するという約束を果たすことに大部分成功したが、ロハスと彼の保守的な軍隊政府は、彼の第二の約束に関する限り、徐々に反対の方向に移動し、(1)1949年から有効な包囲状態が継続され、(2)議会と一般選挙が中断された。; (3)国家制憲議会(ANAC)(1954年7月まで大統領として確認され、1958年まで彼を”再選”した)は、ロハス支持者で詰め込まれた一連の演習を通じて行われた;(4)最高裁判所と下級裁判所も同様に詰め込まれた;(5)党活動は徐々に消失点に縮小された;(6)報道機関は激しく検閲され、いくつかの論文は閉鎖された;(7)軍は多数の通常の民間人の地位に置かれた;(8)ロハス支持者が詰め込まれた。特定の機会に強力な腕の戦術の国民に衝撃を与えた; (9)主に政治的な目的のためにタコ社会行動組織(SENDAS)が作られた;(10)これなどの努力は、政治的な”オリガルヒ”に対して大衆にアピールするために作られた;(11)全体主義、ペロニスタスタイルの大衆組織、特に国民行動運動(MAN)、第三勢力、新秩序を形成するために様々な試みが行われたが、それぞれが連続して失敗した。 ロハスは、暴力の状況(彼は暴力を完全に打ち消すことができず、彼が望んでいたかどうか疑問に思った)と新たな党派闘争の危険性を理由に、彼の制限的措置と憲法政府への復帰を正当化し、彼はこれら二つの要因が排除されるまで軍隊は権力を維持すべきであると主張した。 これらの権威主義的傾向の上に、ロハス、彼自身の家族、軍隊と政府のメンバーが政権の信用に大きく関与していた広範な腐敗の状況がありました。

ロハスは当初、ローレアーノ-ゴメスの熱心な支持者を除く実質的にすべてのグループの支持または黙認を享受していたが、1956-57年の経済状況の悪化と相まって、主要な政治グループの最も重要な要素だけでなく、一般の人々も徐々に疎外させられた。 リベラル派は比較的早くローレアニスタ保守派に完全に反対し、最終的にはオスピニスタ保守派(当初はロハス政府の主要な政治的支援)が反対に加わった。 日和見主義のゴビエルニスタ保守派と分裂した「独立した」自由主義者だけがプロロハのままであった。 強力なカトリック教会や産業、商業、知的グループなどの他の要素も、政権に対する不満を示し始めました。 1956年7月24日、自由党のアルベルト・リエラス党首とローレアノ・ゴメスがベニドーム協定に署名し、二党制の反対に同意し、憲法上のプロセスと一連の連立政権の「パリティ」政府を再確立することに合意したとき、党の間のこれまでの苦い競争は共通の反対に直面して溶け始めた。

ロハスは1956年8月と9月に第3軍を投棄し、内閣を改造し、ANACを会期に呼び込み、報道統制を緩和することで嵐を乗り切ったが、1957年1月26日、陸軍大臣ガブリエル・パリ将軍に軍部が1958年から1962年の任期のために彼の残りの任期を主張することを発表させたとき、反対は結晶化した。 この発表に続いて、人為的な再選”キャンペーン”(野党は混乱している)と一連の作戦が続き、その機関が任期の1年前に彼を”再選”するために、ロハスの支持者とANACを完全に梱包することになった。 この勢いで、自由主義者、オスピニスタ、独立保守党、ローレアニスタ保守党の一部はベニドーム協定と平行した3月20日協定に署名し、4月8日には保守党のギジェルモ・レオン・バレンシア大統領の超党派の「立候補」を開始した。 1954年から1958年の任期末までロハスの政権継続を容認する準備ができていた野党のほとんどが、ロハスの再選を確実にして、野党指導者たちはロハス政権を打倒するために、半ば以降の市民的不服従の動きを計画し始めた。

ギジェルモ-レオン-バレンシアが1月にカリで自宅軟禁されたとき、市民的不服従は時期尚早かつ自発的に引き起こされた。 その後の”Jornadas de Mayo”の間、全国の学生抗議デモに続いて、大学、新聞、店舗、工場、企業、銀行の迅速な即時停止が続き、”運動”に対する同情を示す教会の声明と、デモ参加者を鎮圧しようとする警察や軍の過剰(教会の汚損を含む)を批判する声明が続いた。 (百人以上のデモ参加者が殺されました。)ロハスは、Jornadas de Mayoの高さで8月にANACによって彼の”再選”をエンジニアリングしても、バックダウンの兆候を示さなかった。 このような状況の下で、LierasとValenciaが率いる野党グループがコミットし、Rojasが一見無関心であると、大規模な流血の可能性は非常に現実的でした。 しかし、おそらくほとんどまだロヒスタであるが、事実に直面することができた彼自身の軍事指導者からの圧力の下で、ロハスは10月に軍事軍事政権に引き渡され、家族と一緒にスペインに向かった。 このように、伝統的な政治指導者、実業家、商人、銀行家、知識人、学生、暗黙のうちに教会の珍しい革命運動を形成する民間の反対は、ロハス軍事独裁政権を打倒する際に武器を使用せずに成功しました。

ロハス体制は、機会が失われたと特徴付けることができる。 ロハスの個人的な特徴—権力と富のための個人的な欲望と反対と批判の不寛容と組み合わせた救世主の複合体-は、おそらくこれに何かと同じくらい責任がありました。

軍事政権とその約束

政府の五人の軍事政権は、軍事政権の大統領としてガブリエル-パリス少将(元戦争大臣)、デオグラシアス-フォンセカ少将(元国家警察司令官)、ルーベン-ピエドラヒタ少将(元公共事業大臣)、ラファエル-ナバス-パルド准将(元陸軍司令官)、ルイス-オルドネス准将(元陸軍長官)で構成されている。情報局)、ロハス政権に仕えていたすべての人。 しかし、1958年8月7日には、選挙などの措置を経て、立憲政府に復帰するまでの暫定政権であることが最初から発表された。 報道の自由、通常の政治活動、正直な行政、経済的および社会的救済も約束された。 大部分が民間人で二党制の内閣が任命され、両党の一般的な承認を得た。 ANACは中断された。 その後、軍事政権は、憲法改革と憲法政府への復帰に必要な措置を研究するために、トップレベルの”制度再調整に関するパリティ委員会”(招集されたばかり)の創設を発表した。 また、汚職や医療過誤を調査するために、二人の二党制の国家犯罪捜査委員会が結成された。 プレス法が研究中です。 軍事政権は良いスタートを切ったように見え、バレンシア、リエラス、アルバロ-ゴメス-フルタドを含む政治指導者は10月に国民にそれを支持するよう訴えた。

多くの人は、5月10日を超えて軍隊を転覆させ、すぐに文民政府を設立するという「運動」を見たいと思っていただろうが、指導者たちはこれが不可能であ 暫定政府のいくつかの並べ替えが不可欠に見えました。

軍事政権の支持を求める対外的な訴えにもかかわらず、(1)軍事政権の一部のメンバーが軍事政権を継続するための言い訳を探している可能性があ; (4)ロハスでいっぱいの最高裁判所、国務院、検察長官および監査長官の事務所を再形成するための措置が講じられていないという事実にいくつかの焦; (7)民間人が要求されている軍事知事の任命と外交ポストを持つロハスに近い人の”やりがい”についてはかなりの批判があります;(8)軍事政権は、現在、二党連合に反対して組織しようとしているそれらの反体制的な要素に耳を傾けることをいとわないかもしれないという懸念があります。 誰もがこれらの疑問をすべて楽しませるわけではありませんが、さまざまな分野で多かれ少なかれ存在しています。

Frente Nacional

Frente Nacional(時にはFrente Civil)は、Guillermo Leon ValenciaとAlberto Lierasが率いる二党制運動が呼ばれるようになったため、一般的に立憲政府への復帰に向けた主要な影響力として、また1958年の選挙後に権力を引き受ける組織として認識されている。 それは人々の大多数の支持を持っていると考えられています。 これは事実上すべての自由主義者によって支持されており、現在は”バレンシア”保守派(オスピニスタを含む)といくつかのローレアニスタ保守派によって支持されている。

Frente Nacionalのプログラムは、進化し始めているので、次のもので構成されています:

(1)党派闘争、暴力、ゲリラ戦、ロハス独裁による最終的な買収につながった当事者間の過去の誤りと苦い対立は避けなければならない。 超党派のアイデアは、党派の競争が伝統的に暴力につながっている最低レベルに運ばれなければならない。 (2)1958年の「第二共和国」の下で憲法政府の設立を保証するために、フレンテ・ナシオナルにおける超党派の協力を継続しなければならず、この目的のために、また、両当事者が交互に保守的および自由主義的な大統領の下で平等に参加する国家連合の一連の超党派の「パリティ」政府を確立するさらなる目的のために、ベニドームおよび3月20日協定の原則に対する継続的な支持がなければならない。 (3)1958-62年の両党の大統領候補はギジェルモ-レオン-バレンシアである。 (4)選挙は、彼らが組織することができるようにすぐに開催されるべきです(おそらくDecember1957)大統領のために(バレンシア)八月に就任します7,1958,そして議会のために,部門のアセンブリと自治体協議会は、彼らの選挙の直後に招集されます. 選挙への伝統的な苦い党派の競争と争いの事件を避けるために、党首は単一の候補者を運営するだけでなく、議会の議席のための”パリティリスト”のシ この制度の下では、各部門から選出された上院議員と代表者の数が同数であり、したがって、自由党と保守党の間で議席の競争はないが、各政党内で議席の競争がある可能性がある。 (5)信用されていないロジスタ-アナクは、違法な団体として完全に解散されるべきである。 (6)新しい最高裁判所を任命し、憲法審査機能は、大統領によって指名された裁判所の商工会議所ではなく、全体として裁判所に戻されるべきである。 同様に、新しい国家評議会、検察官(検事)一般および監査官一般が任命されるべきである。 これらの変更は、おそらく、彼らは憲法上の任命や批准のために依存している議会の招集を待つ必要があります。 (7)パリティ委員会は、憲法政府への復帰をもたらす上で重要な役割を果たすべきである。 (8)調査委員会は、すべての四半期における医療過誤や腐敗を調査するための適切な権限と自由を持って運営することが許可されるべきであり、この点で処罰されるべきではありません。

フレンテ・ナシオナルの指導者達は、公言では全てが軍事政権への信頼を表明しているが、軍事政権とその誠実さについては若干異なる見解を持っている。 個人的に,バレンシアは、彼が軍事政権の本質的な誠実にはほとんど自信を持っていることを私たちに語っています,フレンテナシオナルが一緒に保持し、強いままである場合にのみ、軍事政権は、その約束を果たすだろうと信じて,しかし、軍事政権は、これらの約束に戻って、フレンテナシオナルが弱さと反対意見の兆候を示している場合は、軍のための電力を保持しようとします. 一方、Lierasは、軍事政権のメンバーが1つの心のすべてではないことに同意しながら、1つまたは2つがbalkingされる可能性があり、すべてが肯定的な行動を取ることに消極的であるように見えることは、彼の見解では、軍事政権は、これが既存の状況下で問題外であることを認識しているので、身体としての軍事政権が軍のために権力を保持しようとしているか、その約束に戻ることを計画しているとは信じていません。 しかし、両者は、フレンテ-ナシオナルが強く団結し、可能な限り憲法政府への迅速な復帰に向けて積極的な措置をとるために軍事政権に一定の圧力を維持することが不可欠であることに同意する。 彼らの強さは、彼らが信じている、彼らの人気のあるサポート(共同、全国ツアーを通じて毎日増加)とロハス政権を打倒するためにJornadas de Mayoの間に使用された同じ

問題と危険の兆候

軍事政権が実際にその約束を果たし、継続的な超党派を通じてFrente Nacionalが憲法政府への復帰を達成できることを期待しているが、

(1)多くの軍事指導者が文民政府への権力の放棄に自分自身を和解させ、自分自身を元の役割に降格させ、憲法政府への復帰を達成することは確かに困難である。新たに獲得した特権を失うリスクを実行します。 多くの人は、腐敗や医療過誤の抜本的な調査の見通しを少し楽しんで見て、マスコミの自由な批判に憤慨しています。 (2)多くの軍がまだ本質的にロジャスタであることは間違いありません、そして、いくつかはおそらく民間の反体制派の要素と一緒に、ロジャスの復帰を計画しているという報告さえあります。 ロハスは最近の声明で、ANACの正当性を法的基盤を持つ唯一の機関として主張し、10月は国民と軍隊の”Binomio”(パートナーシップ)に対する勝利ではないと主張し、軍事政権に軍隊の特権を維持するよう警告している。 (3)Laureanista Frente Nacionalに参加するための不本意(彼らはパリティ委員会から、例えば、棄権している)は、不統一要因です。 ローレアン主義者は、もともとロハスのクーデターを支持していたオスピニスタを許すことができないようです。 (4)共通の敵に対して溶接するのに十分困難な超党派は、”正常性”が保証されると維持するのが難しくなりますが、これまでのアイデアはこれまでと同 (5)元政府大臣ルシオ-パボン-ヌネス(ロハス政権の”卓越したgrise”であり、企業国家の忠実な信者)とジルベルト-アルザーテ-アヴェンダーニョ(彼の秋の直前にロハスと取引をしようとした右翼保守的権威主義者)は、共同または別々に、政府事務所の保有者を含む不満を抱いたロヒスタ保守派を組織しようとしているとの報告がある。ナシオナル、これはよくいくつかの軍事支援を持っているかもしれないこと。 バレンシアは、彼が反対の候補者を持って幸せになるだろうと私たちに伝えているが、Lierasは、このような反体制運動が選挙を延期するための口実を提 (6)暴力は三つの主要な形態で継続している:(a)パジャロス(ロハス政権の下で雇われた保守的な武装集団)は、復讐と政治的動機の両方のために障害を引き続 (党指導者と内閣の文民メンバーは暴力の停止を達成しようとしており、ゲリラ指導者との会話を行っている)。 (7)生活費の上昇や食糧不足は、搾取的な不満を引き起こす可能性があります。

これらの複雑な要因にもかかわらず、決して割引することはできませんが、かなりの勢いと人気のある支持を持つFrente Nacionalが、同情的な内閣とおそらく避けられないことを感じている軍事政権と組み合わせて、1958年に憲法文民政府の回復を達成することができるという合理的な希望がまだあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。