ベレアン聖書協会

“…福音は……あなたがたがそれを聞き、真理によって神の恵みを知っていた日から、あなたがたの中にもあるように、あなたがたのところに来て、実を結ぶ”(コリント1:5,6)。

神の恵みの福音がその働きをするのを見るのはどれほど素晴らしいことですか! パウロはコロサイ人を見たことさえありませんでした。 彼は神の恵みの良い知らせをもってエフェソスから彼らに宣教師を送っただけでしたが、これは驚くべき結果をもたらしました。

神の恵みの福音がその純粋さの中で説教されるところはどこでも、結果を生み出します。 そのメッセージを聞いて誰も同じことを離れて行くことはできません。 彼はそれを完全な愚かさと考え、それによって硬化させるか、または彼はその重要な重要性を見て、それによって軟化させるでしょう。 最終的には、彼は永遠に非難されるか、そのメッセージに対する彼の応答によって永遠に救われ、正当化されます。

“十字架の説教は滅びる者には愚かであるが、救われる者には神の力である”(第一コリント第一章第二節)。 1:18).

“十字架につけられたキリスト……神の力と神の知恵と呼ばれる人々に”
(I Cor. 1:23,24).

“信じるすべての人に救いのための神の力”(Rom。 1:16).

マーク-ウェル:そのような結果を生み出すのは、”神の恵みの福音”、”十字架の説教”です。 モーセの律法は決してしませんでした,”律法が行うことができなかったもののために,それは肉を通して弱かったという点で,”神は私たちのために達成す 8:3,4). パウロはピシディアのアンティオキアで、宣言された理由です:

“したがって、兄弟たちよ、この人を通して罪の赦しがあなたがたに宣べ伝えられ、彼によって信じるものはすべて、モーセの律法によって義とされることができなかったすべてのものから義とされる”(使徒行伝第13章38,39節)。

私たちへの神のメッセージは愛のメッセージであり、最も邪悪な罪人でさえ、彼は”恵みによって、キリスト-イエスにある贖いによって自由に義とされる”(Rom。 3:24).

読者へ:

私たちの2分間の記事のいくつかは、何年も前に牧師C.R.によって書かれました。 新聞での出版のためのStam。 これらの記事の多くが後に本の形でコンパイルされたとき、スタム牧師は序文にこの説明の言葉を書いた:

“新聞のコラム、聖書との二分は、長年にわたって出版されているので、地元、国内、国際的な出来事があたかも最近起こったかのように議論されることに留意すべきである。 そのような記事を書き直すか、または日付を記入するよりもむしろ、私達は最初に出版されたときにあったようにちょうどそれらを残した。 これは、特に読者が新聞記事として最初に登場したことを理解しているため、関心を高めると感じました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。