ハバナ-ビエンナーレ

このイベントは1984年に設立されました。 この版は、ラテンアメリカとカリブ海からのみアーティストを展示しました。

1986年のイベントには、アフリカとアジアからのアートが含まれ、”非西洋”諸国のアーティストにとって最も重要な出会いの場となりました。

スケジュールの経過は、資金調達の課題によるものでした。 2002年の第8回ビエンナーレは、2003年に再開され、全体の年を遅らせました。 このイベントは、伝統的な機関の外で、社会的景観の中で芸術を展示しました。 通常、大規模な機関に参加することができないか、不本意なアーティストは、博物館の外に、通りに芸術をもたらすことによって、多様な観客を従事しました。 都市空間を「活性化」した注目すべきアーティストには、Mitchell SipusとFabiana de Barrosが含まれます。

最初の二つの隔年イベントには授賞式が含まれていましたが、組織委員会はそれを非競争的なイベントにしました。

第7回ハバナ-ビエンナーレ編集

第7回ハバナ-ビエンナーレのテーマは”One closer to another”で、2000年から2001年にかけて開催された。 170以上のアーティストから40さまざまな国がビエンナーレのこの版に参加しました,フランシス*アラスを含む,ジュリエタ*アランダ,タニアBruguera,ダイアナ*ドミンゲス,人間のVindicationのH委員会,ジャン*ピエール*レイノー,ラファエル*ロザーノ*ヘマー,ロス*カルピンテロス,セサル*マルティネス*シウバ,テレサ*マルゴレス,ミゲル*カルデロン,サンティアゴ*シエラ,他の人の間で.

ウィルフレド-ラム現代美術センターが主催し、隔年開催の間、都市の様々な公共の場所で多くのイベントが開催され、人間と人間の間の対人関係やコミュ

選択されたプロジェクト編集

  • Helio Oiticica:Beyond Space,Fundaçao Memorial da América LatinaとProyecto hélio Oiticicaによって組織されました。
  • ジャン=ミシェル-バスキア、カサ-デ-ラス-アメリカスで。
  • La Gente en Casa(People at Home),六十年代から九十年代までのキューバの芸術,At Museo Nacional de Bellas Artes,.
  • Extramuros-様々な場所でのアクションとパフォーマンス、November17と18、2000。

第10回ハバナ-ビエンナーレ編集

“グローバリゼーション時代の統合と抵抗”と呼ばれる中心的なテーマで、第10回ハバナ-ビエンナーレ美術展が27日から30日、2009年に開催された。 Wifredoラム現代美術センターからの専門家は、44カ国からのアーティストによって提出された400以上の提案を検討しました。 初めて、主催者は西洋諸国を含めることに決めました。

第10版は、会議、ワークショップ、マスタークラス、ドキュメンタリー、ビデオ上映を追加しました。 アーティストは、利用可能なすべての都市空間や市立ギャラリーを引き継いで、現代美術のショーケースに街を変換しました。

共通のトピックには、伝統と現代の現実の間の緊張、植民地化の歴史的プロセスへの挑戦、芸術と社会、個人と記憶の関係、技術開発が人間のコミュニケーシ

この2009年のビエンナーレのキュレーターは、マルガリータ-ゴンサレス、ネルソン-エレーラ-イスラ、ホセ-マヌエル-ノセダ、イビス-エルナンデス-アバスカル、マルガリータ-サンチェス-プリエト、ホセ-フェルナンデス-ポータル、ダニス-モンテス-デ-オカ-モレダであった。

選択されたキューバのアーティストプロジェクト編集

  • Jose Emilio Fuentes Fonseca(JEFF)–象の群れ
  • Mario M. ゴンサレス–約200人のアーティストとのグローバルテーマ”旗”に関する集団展
  • ウィルフレドプリエト–ハバナの空の星
  • リセットカスティーリョ–パワーの考古学
  • ヨアンカポーテ–オープンマインド
  • ルネフランシスコロドリゲス–解釈
  • アレクサンダー Beatón–ザ*パワーの考古学
  • パーマネントレース
  • duvier del Dago Fernandez–The Black Box
  • Los carpinteros–Fluido

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。