キリスト教の歴史

今日のキリスト教を購読し、キリスト教の歴史の過去の問題への即時アクセスを取
無料ニュースレター

その他のニュースレター

“福音主義のみ”の下でこれをファイル:引退したエンジニアWil Greenleeは、それが5分から2秒に40カップトレイ 時間の節約は本当にGreenleeの教会、ルイビルの大規模な南東クリスチャンで追加されます,これは三週末のサービスでジュースの20,000カップを通過します. 75人のメンバーの準備チームを2泊して完了させていたプロセスは、1つの朝に完了し、流出が少なくなりました。

“プロフェッショナルで、崇拝的で、きちんとして、清潔で衛生的です”とGreenlee氏は改善されたルーチンについて述べています。

何世紀にもわたって、カトリックの素人は聖体拝領の間にパンだけを受け取った。 初期の教会の崇拝者はパン、ワイン、そしてしばしば食事全体を共有していました。 しかし、聖餐式の要素がカトリックの中でより大きな重要性を占めたので(彼らは実際に奉献時に肉と血になると信じられています)、それらを保存し、保 14世紀から15世紀初頭までに、フス派が両方の種類の聖体拝領のために攪拌したとき、カトリック教会はパンだけでその主張に定着しました。 この位置は、16世紀にトレント評議会によって設定されました,その後、1960年代にバチカンIIによって緩和.バチカンIIの文書は、特定の状況で両方の種類の聖体拝領を可能にします(例えば、洗礼後の人の最初の聖体拝領,),しかし、多くの教会は、はるかに遠く練習を拡張しています.

東方正教会は、カトリック教会と同様に、聖体主義的要素の中でキリストの”真の存在”を主張しているが、”真の存在”を異なって定義している。 より正確には、おそらく、正統派は厳密な定義から敬遠しています。 よる。..

購読者アクセスのみこの記事の最後に達しましたプレビュー

続きを読むには、今すぐ購読してください。 加入者は完全なデジタルアクセスを持っています。

すでにCT加入者ですか? 完全なデジタルアクセスのためにログインします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。